スター・ウォーズ エピソード8「最後のジェダイ」は新旧のキャラクターが入り混じりながらも世代交代を感じさせる渾身の一作

待望のスター・ウォーズ エピソード8「最後のジェダイ」は新たな3部作となったエピソード7「フォースの覚醒」のその後を描く物語。

前作7は初代4~6のエピソードの流れを組んだオマージュであり壮大なファンムービーであったが故に狙いすぎた作品でもありましたが、今作は主人公レイ(デイジー・リドリー)とカイロ・レン(アダム・ドライバー)との関係や内面性を描きつつも新旧のキャラクターが入り混じり、世代交代を感じさせる渾身の一作。旧作品から見続けている身としては、かつての主人公ルークスカイウォーカー(マーク・ハミル)の変貌ぶりと活躍は必見といえるでしょう。

150分という長さを感じさせないほど怒濤の展開に圧倒されますが、終わってみるとストーリーはどこか物足りなさや粗が目立つのも事実。初めて観るなら「フォースの覚醒」の方が分かりやすいし、作風は「ローグ・ワン」の方が好きでした。ファーストオーダーとレジスタンスの攻防もそれほど話が進まなかった気がします。

特定のヒーローが活躍するというよりは様々なキャラクターが活躍する群像劇になっていたり、圧倒的な“悪”が不在なのもある意味で現代的と言えるのかもしれません。反面、女性の強さと活躍ぶりが光っていたのが印象的でした。

新3部作の2作目でこのままエピソード9で上手く話が収束出来るのが不安になってしまいますが、この時代に新たなストーリーを体験出来たのは本当に良かったと思います。

12月15日公開 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公式サイト。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作。映画作品の予告映像や試写会ご招待、プレゼントキャンペーンなど、お得な情報が満載!スター・ウォーズ公式 STAR WARS

 

mueponによる、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)」ついての感想・レビューです。

 

ヨドバシカメラのゴールドポイントカード共通化手続き

SF色が強い初のアニメ版ゴジラ「GODZILLA 怪獣惑星」

関連記事

  1. SF色が強い初のアニメ版ゴジラ「GODZILLA 怪獣惑星」

    昨年公開された庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』は久し振りに特撮映画の面白さを思い出させてくれる傑作でし…

  2. 全編PC画面という斬新性!現在にアップデートした推理小説、映画『…

    映画『search/サーチ』はとても現代的な映画です。普段私たちが当たり前のように使っているSNS…

  3. あまりにも異色過ぎる怪獣映画、アン・ハサウェイ主演の『シンクロナ…

    プラダを着た悪魔のアン・ハサウェイ主演。酒に溺れるダメウーマン、グロリアが主人公の『シンクロナイズド…

  4. 音楽と個性的なキャラクターの活躍が素晴らしい、ヒュー・ジャックマ…

    「夢が踊りだす。」ヒュー・ジャックマン主演、ザック・エフロン共演の『グレイテスト・ショーマン…

  5. 長崎、佐世保を舞台に展開する淡い恋と青春、映画『坂道のアポロン』…

    テーマはジャズ♪音楽を通して描かれる少年の友情。1960年代の佐世保を舞台に展開する淡い恋と…

  6. アニゴジ三部作最終章『GODZILLA 星を喰う者』は哲学的なス…

    「GODZILLA 怪獣惑星」「GODZILLA 決戦機動増殖都市」と回を重ねてきたアニメ版ゴジラ…

  7. 伏線回収とエンターテイメント性が素晴らしい映画『カメラを止めるな…

    ここ最近の映画レビューの中でもかなり話題性が高い『カメラを止めるな!』を観てきました。正直キャスト…

  8. 綾瀬はるか&坂口健太郎主演の純愛ラブロマンス映画『今夜、ロマンス…

    モノクロ映画のお姫様がある日突然スクリーンから飛び出して来たら・・・。綾瀬はるか、坂口健太郎主演の純…

Sponsored Link

Facebook ページ

Twitter

プロフィール

Masaki Uetake / 植竹正樹 @muepon

*神奈川県横浜市在住 / 若者支援、元当事者、NPO、障害福祉

PAGE TOP