怪獣(KAIJU) VS イェーガー再び!前作から10年後の世界を描くSF特撮映画『パシフィック・リム アップライジング』


『パシフィック・リム アップライジング』は2013年に公開された巨大モンスターSFアクション映画「パシフィック・リム」の続編。太平洋の大地の裂け目から出現した怪獣(KAIJU)と人型巨大兵器「イェーガー」との死闘が終了して平和になった10年後の世界を描く。

日本語の怪獣(KAIJU)という名称がそのまま使われていることもあって、日本の特撮映画(ゴジラやウルトラマン)、アニメーション映画(エヴァンゲリオンやガンダム、攻殻機動隊など)の影響を色濃く受けており、いたるところでオマージュや敬意を感じることの出来る作品になっています。

それでも続編(二作目)の難しさはどの作品にも共通するところがあって、前作は今まさに目の前に起こっている危機に立ち向かう物語だったのに対し、今作は平和になった世界に新たな脅威が出現し、新世代の若きパイロット達がイェーガーに乗り込んで戦うストーリーが軸になっているので緊張感や重厚感はやや薄れてしまった印象。

前作が特撮映画のど真ん中であるなら、今作はロボットアニメーション映画の実写版とも言えるかもしれません。

新旧入り混じるキャラクターも魅力的ですが、物語の前半は新たなキャラクターを掘り下げる必要があったためかやや退屈。

ただ、謎のイェーガーが登場し怪獣(KAIJU)の影がちらつき始める後半は、まるでサスペンス映画のような謎が頭の中を駆け巡り俄然面白くなってきます。

最終決戦地はJapan, Tokyo(東京)&Mt.Fuji(富士山)。正直日本の描き方というか距離感と大きさがいい加減過ぎるのではと思わなくもないですが、次々と壊されてしまう高層都市と格好いい戦隊アクションは魅力的。

前作からのテーマソングもここぞというところで流れ、最後の最後で続編の流れも匂わせていますが、ぜひ映画館の大画面で観てほしい作品です。

全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』の熱狂から5年。イェーガー、超巨大KAIJU、日本上陸!新たな戦いの幕が開くアクション超大作、大ヒット上映中!

 

mueponによる、「パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)」ついての感想・レビューです。

 

東京文京区の弥生美術館で『セーラー服と女学生』展が開催中! – イラストと服飾資料で解き明かす、その秘密

綾瀬はるか&坂口健太郎主演の純愛ラブロマンス映画『今夜、ロマンス劇場で 』はとにかく映画”愛”に溢れる作品!

関連記事

  1. アニゴジ三部作最終章『GODZILLA 星を喰う者』は哲学的なス…

    「GODZILLA 怪獣惑星」「GODZILLA 決戦機動増殖都市」と回を重ねてきたアニメ版ゴジラ…

  2. ディズニー、ピクサーアニメーション映画の最高傑作『リメンバー・ミ…

    ディズニーのピクサー アニメーション映画の最新作『リメンバー・ミー』(原題Coco)は、ここ最近のデ…

  3. 綾瀬はるか&坂口健太郎主演の純愛ラブロマンス映画『今夜、ロマンス…

    モノクロ映画のお姫様がある日突然スクリーンから飛び出して来たら・・・。綾瀬はるか、坂口健太郎主演の純…

  4. 冒頭は必見だが初見だと厳しい、劇場版『交響詩篇エウレカセブン ハ…

    2005年にTBS系列で放映されたロボットアニメーション『交響詩篇エウレカセブン』そ…

  5. 80年代アーケードゲームが原作の『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、こ…

    巨大化が、止まらない!『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:Rampage)は近年公開されたモン…

  6. 長崎、佐世保を舞台に展開する淡い恋と青春、映画『坂道のアポロン』…

    テーマはジャズ♪音楽を通して描かれる少年の友情。1960年代の佐世保を舞台に展開する淡い恋と…

  7. スター・ウォーズ エピソード8「最後のジェダイ」は新旧のキャラク…

    待望のスター・ウォーズ エピソード8「最後のジェダイ」は新たな3部作となったエピソード7「フォースの…

  8. 音楽と個性的なキャラクターの活躍が素晴らしい、ヒュー・ジャックマ…

    「夢が踊りだす。」ヒュー・ジャックマン主演、ザック・エフロン共演の『グレイテスト・ショーマン…

Sponsored Link

Facebook ページ

Twitter

プロフィール

Masaki Uetake / 植竹正樹 @muepon

*神奈川県横浜市在住 / 若者支援、元当事者、NPO、障害福祉

PAGE TOP