SF映画の金字塔!前作の30年後を描く続編『ブレードランナー2049』は期待を裏切らない作品

SF映画の金字塔として後の作品にも多大な影響力を与えたブレードランナーの続編、『ブレードランナー2049』。

幸か不幸か未だに観たことがなかったこの作品の最新作を観ようと思ったのは、作品の描くテーマや近未来的な世界観に惹かれたところが大きかったのかもしれません。

確かにまっさらな、しかも予備知識のない状態での鑑賞はなかなか理解するのが難しいところもあります。

しかし前作から30年後となる近未来、2049年の荒廃したロサンゼルスに漂う終末感、人間とレプリカント(人造人間)に纏わるテーマの描き方、世界観の作り込み方は凄まじく、近未来風景の幻想的な美しさと相まってリアリティがとにかく素晴らしい。本作だけでも十分に映画として観る価値はあります。

主人公のブレードランナーKを演じるのは「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリング。監督が『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴと来れば期待せずにはいられません。特徴的だった『メッセージ』の壮大さと重圧感は今作でも十二分に引き継がれています。

どこかアジアンテイストを感じる未来のロサンゼルスは映画「攻殻機動隊/ゴースト・イン・ザ・シェル」の世界観とも共通しますが、1980年代から想像する未来と今の延長線上にある未来はどこか違う。すでにあるはずのものが無かったり、幾つかはもう少しで実現可能なものもあります。

それでもあの時よりも遥かに進歩した技術はより現実的な問題を問いかけて来るという意味で、SFでありながらもよりリアルな”今”を考えさせる作品と言えるのかもしれません。いつの時代でも未来世界と技術を描くのは難しいものですね・・・。

放映時間2時間43分。じっくり全てを観るためにはそれなりの覚悟が必要です。

ダークな作風のため誰にでもおすすめ出来る作品ではありませんが、SF好きなら間違いなく観ておいて損のない作品。圧倒的な世界観に引き込まれます。改めてオリジナル作品を観てみたいと思いました。

ソニー・ピクチャーズの映画「ブレードランナー 2049」公式サイト。予告・動画、上映劇場・チケット、ストーリーやキャスト・スタッフ、キャラクターなど、最新情報をご紹介します。

 

MasakiUetakeによる、「ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)」ついての感想・レビューです。

 

スマートスピーカーがついに日本上陸!「Google Home」を購入してみました

蔵の街、情緒ある小江戸、埼玉「川越」巡り

関連記事

  1. 全編PC画面という斬新性!現在にアップデートした推理小説、映画『…

    映画『search/サーチ』はとても現代的な映画です。普段私たちが当たり前のように使っているSNS…

  2. ディズニー、ピクサーアニメーション映画の最高傑作『リメンバー・ミ…

    ディズニーのピクサー アニメーション映画の最新作『リメンバー・ミー』(原題Coco)は、ここ最近のデ…

  3. SF色が強い初のアニメ版ゴジラ「GODZILLA 怪獣惑星」

    昨年公開された庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』は久し振りに特撮映画の面白さを思い出させてくれる傑作でし…

  4. 偽物が本物を凌駕する瞬間こそリアル『累-かさね-』実写版、土屋太…

    「教えてあげる、劣等感ってやつを」原作は松浦だるまの漫画作品。キスした相手の顔を奪…

  5. 怪獣(KAIJU) VS イェーガー再び!前作から10年後の世界…

    『パシフィック・リム アップライジング』は2013年に公開された巨大モンスターSFアクション…

  6. スター・ウォーズ エピソード8「最後のジェダイ」は新旧のキャラク…

    待望のスター・ウォーズ エピソード8「最後のジェダイ」は新たな3部作となったエピソード7「フォースの…

  7. 音楽と個性的なキャラクターの活躍が素晴らしい、ヒュー・ジャックマ…

    「夢が踊りだす。」ヒュー・ジャックマン主演、ザック・エフロン共演の『グレイテスト・ショーマン…

  8. ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップの魅力が光る映画『プ…

    1930年代のフランス、パリを舞台にアメリカ人心霊術師のローラとケイト姉妹の活躍を描いた作品。…

Sponsored Link

Facebook ページ

Twitter

プロフィール

Masaki Uetake / 植竹正樹 @muepon

*神奈川県横浜市在住 / 若者支援、元当事者、NPO、障害福祉

PAGE TOP