新宿西口、思い出横丁の『但馬屋珈琲店』は大正時代を思わせるノスタルジックな喫茶店

新宿駅東口から大ガード下を抜けた先にある、新宿西口思い出横丁の『但馬屋珈琲店 本店』は大正時代を思わせるノスタルジックな喫茶店。昭和39年創業。

待ち合わせまで若干時間があったので、時間調整とランチのために利用しました。

店内のカウンター席を利用。木のテーブルと椅子。外からの光が射し込むほの暗い店内ながらも風情を感じさせるライトが時代を感じさせます。BGMはジャズ。

別格チキンと蓮根のサンドセット
ブレンドコーヒー

を注文。

カウンター内の後ろには様々なコーヒーカップが飾られており、利用客に合わせたカップでコーヒーを提供してくれるようです。どんなカップで出て来るのかちょっと気になってしまいますね。

珈琲専門店だけあってコーヒーのバリエーションは豊富。ネルドリップで丁寧に淹れてくれるのでとても味わいがある珈琲が楽しめます。

反面、デザートを除くと食事メニューはサンドイッチとトーストぐらいしかないので、きちんと食事を取りたい人には物足りないかもしれません。

落ち着いたシックな店内は異空間と呼べるべきもので、とにかく人が多い新宿駅界隈においては、静かで時間を忘れてしまうほど心地良い空間となっています。

はじかみプリン、アップルパイ、珈琲ぜんざいなど心惹かれるメニューも多いのでぜひまた利用してみたいですね。

実名口コミNo.1グルメサービスRetty(レッティ)。行って良かったお店が見つかります。掲載店舗数も国内最大級の約80万店舗。口コミ数も200万件以上。3,000万人以上のユーザーさんにご利用頂いております。